リウマチや肥満の治療法〜納得の情報知っとく?〜

残便感になる理由

改善方法等について

薬

残便感とは排便が起きているにも関わらず、まだ腸の中に便が残っているように感じるという症状の事を言います。毎日のように排便が起きているので、便秘ではないと考えてしまう事もありますが、残便感がある場合には便秘に分類されます。 残便感の原因には様々なものがありますが、代表的なものとして大腸がん等のがん、脱肛、過敏性腸症候群の3種類があります。この3種類の中でも特に身近な原因として挙げられるのが、過敏性腸症候群という疾患が原因となって起きているケースです。過敏性腸症候群とは、腸の働きの調節をする自律神経の働きが乱れて、便秘や下痢といった症状が起きる事を言います。自律神経が乱れてしまう理由はいくつかありますが、過度のストレスや緊張に晒されたり、生真面目だったりすると乱れやすいです。

前述したように、残便感は便秘の一種に分類されるので、放置を続けると腸内環境の悪化の引き金になってしまいます。また早めに対策を講じないと症状がひどくなる可能性もあるので、違和感に気付いたら改善対策を取る事が大切になります。 具体的な改善対策として一番大切なのは、自分の残便感の原因を突き止める事なので、病院で診てもらう等して原因を調べます。がんや脱肛が原因ならば、それらの病気の治療、過敏性腸症候群の場合には自律神経を整える等の改善方法を行ないます。 また、日頃から残便感予防に効果のある成分を、食材やサプリメント等で摂取するのも良い方法だと言えます。ちなみに残便感予防に効果のある成分としては、オリゴ糖やオリーブオイル、植物性の乳酸菌等がよく知られています。