リウマチや肥満の治療法〜納得の情報知っとく?〜

効果の高い薬

1800年代から作られています

薬

マヌカハニーは、ニュージーランドで自生するフトモモ科の植物のマヌカのみから採取されるハチミツです。 マヌカの葉や樹皮には殺菌作用があり、そのためニュージーランドでは古くからマヌカが健康に役立てられていました。そして1800年代になり、ヨーロッパの人によってニュージーランドで養蜂が始められたことから、マヌカハニーが作られるようになりました。 マヌカの花から作られるマヌカハニーは、一般的なハチミツと比べると強い殺菌作用があるところが特徴です。さらに免疫力を高める効果も期待できることから、食用としてだけでなく医療用としても使われるようになりました。 現在では、その効果が世界的に知られるようになり、多くの国でマヌカハニーが様々な目的に使われています。

具体的な効果と味

マヌカハニーには、メチルグリオキサールという、非常に強力な抗菌物質が含まれています。そのため傷口に塗れば炎症を防ぐことができますし、薄めてうがいをすれば、喉を殺菌して風邪の予防をすることができるのです。さらに、胃潰瘍や胃がんなど胃の様々な疾患の原因となるピロリ菌を、除菌することも可能となっています。 このメチルグリオキサールにより、独得の苦味が多少あるのですが、基本的にハチミツですから甘味は強いです。それでいて摂取カロリーは少なめで、具体的には砂糖の約半分となっています。そのため、砂糖の代わりに飲み物や料理にマヌカハニーを使うことで、ダイエットをすることも可能です。 このようにマヌカハニーは、工夫次第で様々なことに役立てることができるのです。